昭和24年6月日本国有鉄道公示第64号

日本國有鉄道公示第六十四号
 昭和二十四年七月一日から奧会津線に、次のように停車場を設置し、小荷物及び貨物に限り取扱をする。

昭和二十四年六月三十日 日本國有鉄道総裁 下山 定則

停車場名所在地キロ程貨物営業キロ程
只  見(即設停車場)



只見会津塩澤間 七キロメートル三五キロメートル
会津塩澤 ( あいずしおざわ ) 福島縣南会津郡伊北村塩澤



会津塩澤会津横田間 一二〃六〇〃
会津横田(即設停車場)

昭和24年6月日本国有鉄道公示第63号

日本國有鉄道公示第六十三号
 昭和二十四年七月一日から、次の各停車場において、旅客・到着手荷物・小荷物及び貨物の取扱をする。

昭和二十四年六月三十日日本國有鉄道総裁 下山 定則

線名停車場名
下  北  線角   違
浅  虫  線久 栗 坂
白 中 本 線南 菅 谷

昭和24年6月日本国有鉄道公示第62号

日本國有鉄道公示第六十二号
 内地連絡運輸規則(昭和二十四年六月日本國有鉄道公示第二十九号)の一部を次のように改正する。

昭和二十四年六月三十日 日本國有鉄道総裁 下山 定則

(改正條文省略。但し、昭和二十四年六月三十日鉄道公報参照)

昭和24年6月日本国有鉄道公示第60号

日本國有鉄道公示第六十号
 鉄道局管理部の所管区域を次のように定める。

昭和二十四年六月二十五日 日本國有鉄道総裁 下山 定則

鉄道局管理部の所管区域

管理部名所管区域
東京鉄道局
新橋管理部東海道本線中東京沼津間、鶴見横浜港間、横浜櫻木町間及び貨物支線、南武線中川崎向河原間、尻手浜川崎間及び貨物支線、鶴見線、横浜線中東神奈川「大口」間、横須賀線、相模線中茅ケ崎「北茅ケ崎」間、御殿場線、伊東線、中央本線中東京新宿間、東北本線中東京神田間、山手線中「赤羽」品川間及び池袋駒込間、総武本線中御茶ノ水「秋葉原」間、川崎発電区川崎市稻田町間(新鶴見経由)送電線路
八王子管理部南武線中「向河原」立川間、横浜線中「東神奈川」八王子間、相模線中「茅ケ崎」橋本間及び寒川西寒川間、中央本線中「新宿」藤野間及び國分寺東京競馬場前間、青梅線、五日市線、八高線中八王子寄居間、川越線中「武藏高萩」高麗川間、武藏境変電区東京都南多摩郡由井村間、川崎市稻田町東京都練馬区西大泉町間(武藏境経由)の各送電線路
上野管理部東北本線中「神田」-田端-間々田間、日暮里-尾久-赤羽間及び貨物支線、山手線中赤羽「十條」間及び「駒込」田端間、常磐線中日暮里土浦間、田端三河島間及び貨物支線、川越線中大宮武藏高萩間、高崎線中大宮籠原間、総武本線中「御茶ノ水」秋葉原間及び貨物支線、成田線中「成田」我孫子間、霞ケ浦線、赤羽変電区東京都練馬区西大泉町間、蕨変電区金町変電区間の各送電線路
宇都宮管理部東北本線中「間々田」白河間、両毛線中小山小俣間、水戸線中小山下館間、眞岡線、日光線、烏山線、塩原線、常野線
水戸管理部常磐線中「土浦」平間及び貨物支線、水郡線中水戸磐城石川間及び上菅谷常陸太田間、水戸線中「下館」友部間、磐越東線中平小川郷間、白棚線
高崎管理部八高線中「寄居」倉賀野間、高崎線中「籠原」高崎間、上越線中高崎石打間、長野原線、両毛線中「小俣」高崎間、足尾線、信越本線中高崎信濃追分間、吾妻線、湯沢変電区土樽変電区間、土合武藏境変電区間の各送電線路
千葉管理部総武本線中「秋葉原」銚子間及び貨物支線、房総東線、房総西線、木原線、成田線中佐倉成田間及び成田松岸間、久留里線、東金線、多古線、北倉線
名古屋鉄道局
靜岡管理部東海道本線中「沼津」刈谷間、身延線中富士稻子間、清水港線、二俣線、飯田線中豊橋小和田間及び豊川西豊川間、浜名線、天龍線、富士変電区吉原市間及び草薙変電区靜岡縣安倍郡有度村間、藤枝変電区靜岡縣志太郡西益津村間、堀ノ内変電区靜岡縣小笠郡日坂村間及び磐田変電区靜岡縣磐田郡富岡村間の各送電線路
名古屋管理部東海道本線中「刈谷」米原間、大垣美濃赤坂間及び貨物支線、武豊線、北陸本線中米原「法性寺」間、高山本線中岐阜杉原間、越美南線、中央本線中「田立信号場」名古屋間、明知線、太多線、関西本線中名古屋井田川間及び貨物支線、岡多線、徳山線、白城線
敦賀管理部北陸本線中「米原」牛ノ谷間、敦賀敦賀港間、小浜線中敦賀青郷間、三國線、大野線、若江線、福井大野自動車区間通信線路
金沢管理部北陸本線中「牛ノ谷」泊間、七尾線、城端線、氷見線、新湊線、富山港線、高山本線中「杉原」富山間、金福線、奧能登線
甲府管理部身延線中「稻子」甲府間、飯田線中「小和田」辰野間、中央本線中「藤野」田立信号場間、小海線中小淵沢清里間、篠ノ井線中塩尻「廣丘」間、諏訪線、高遠線、大月変電区東京都南多摩郡由井村間送電線路
大阪鉄道局
大阪管理部東海道本線中「米原」神戸間、東灘神戸港間及び貨物支線、西成線、福知山線中尼崎三田間及び塚口尼崎港間、山陽本線中神戸西明石間、兵庫和田岬間及び貨物支線、山陰本線中京都保津峽間、草津線中「手原」草津間、奈良線中「稻荷」京都間、京鶴線
姫路管理部山陽本線中「西明石」上郡間、加古川線中加古川久下村間、高砂線、三木線、北條線、鍛治屋線、播但線中飾磨港竹田間、姫新線中姫路上月間
福知山管理部福知山線中「三田」福知山間、篠山線、小浜線中「青郷」東舞鶴間、加古川線中「久下村」谷川間、播但線中「竹田」和田山間、山陰本線中「保津峽」居組間、舞鶴線、宮津線、園篠線
米子管理部伯備線中「足立」伯耆大山間、山陰本線中「居組」石見大田間及び貨物支線、因美線中鳥取那岐間、若櫻線、倉吉線、境線、木次線中穴道出雲坂根間、大社線、多里線、雲藝線
天王寺管理部関西本線中「島ケ原」湊町間及び貨物支線、奈良線中木津稻荷間、櫻井線、片町線、和歌山線、紀勢西線、城東線、阪和線、近城線、能野線
松阪管理部関西本線中「井田川」島ケ原間、参宮線、名松線、紀勢東線、草津線中拓植手原間、信樂線、亀草線、紀南線
廣島鉄道局
岡山管理部山陽本線中「上郡」糸崎間、姫新線中「上月」新見間、津山線、吉備線、宇野線、伯備線中倉敷足立間、藝備線中備中神代「坂根」間、福塩線中福山府中町間、因美線中「那岐」東津山間、両備線、宇野玉野市日比間通信線路
廣島管理部山陽本線中「糸崎」四辻間、藝備線中「備中神代」廣島間、福塩線中「府中町」塩町間、呉線、宇品線、可部線、岩徳線、木次線中「出雲坂根」備後落合間、安藝線、廣浜線、岩日線、光線、大島線、宮島口宮島間及び大畠小松港間の各航路、宮島口宮島間通信線路
下関管理部山陽本線中「四辻」下関間、山口線中小郡徳佐間、宇部線、小野田線、美禰線、山陰本線中「飯浦」幡生間及び正明市仙崎間、防長線、下関釜山間及び下関門司港間の各航路
浜田管理部山口線中「徳佐」石見益田間、山陰本線中「石見大田」飯浦間、三江線、川本線
四國鉄道局
高松管理部予讚本線中高松箕浦間及び貨物支線、高徳本線中高松讚岐相生間、土讚線中多度津讚岐財田間、西讚線、宇野高松間航路、玉野市日比鴨川間通信線路
松山管理部予讚本線中「箕浦」宇和島間、内子線、宇和島線、川池線、予土北線、南予線、仁方堀江間航路
徳島管理部高徳本線中「讚岐相生」佐古間、鍛治屋原線、撫養線、徳島線、土讚線中「讚岐財田」阿波赤野間、阿波線
高知管理部土讚線中「河波赤野」影野間、予土南線、大栃線、窪川線
門司鉄道局
小倉管理部山陽本線「下関」門司間、鹿兒島本線中門司港福間間及び貨物支線、添田線、室木線、日豊本線中小倉行橋間及び貨物支線、田川線、筑豊本線中若松筑前山家間及び貨物支線、香月線、伊田線、糸田線、宮田線、幸袋線、後藤寺線、漆生線、上山田線、直方線
鳥栖管理部鹿兒島本線中「福間」荒尾間、香椎線、篠栗線、勝田線、筑肥線中博多大川野間、甘木線、矢部線、長崎本線中鳥栖牛津間、佐賀線、唐津線、久大本線中久留米豊後三芳間、彦山線、筑豊本線中「筑前山家」原田間、博多港釜山間航路
熊本管理部鹿兒島本線中「荒尾」袋間、三角線、肥薩線中八代矢岳間、山野線中水俣久木野間、湯前線、豊肥本線中熊本滝水間、高森線、佐俣線、山鹿線
鹿兒島管理部鹿兒島本線中「袋」鹿兒島間、肥薩線中「矢岳」隼人間、山野線中「久木野」栗野間、宮之城線、指宿線、日豊本線中「五十市」鹿兒島間、吉都線中「京町」吉松間、山鹿線、北薩線、山川線、國分線、加治木線
長崎管理部筑肥線中「大川野」伊万里間、長崎本線中「牛津」長崎港間、佐世保線、松浦線、世知原線、臼ノ浦線、柚木線、大村線、嬉野線
大分管理部久大本線中「豊後三芳」大分間、宮原線、豊肥本線中「滝水」大分間、日豊本線中「行橋」宗太郎間、佐賀関線、臼三線
宮崎管理部日豊本線中「宗太郎」五十市間、日ノ影線、細島線、妻線、吉都線中都城京町間、志布志線、古江線、宮林線、都城線、高千穗線、米良線
新潟鉄道局
山形管理部仙山線中「面白山信号場」羽前千歳間、奧羽本線中「関根」及位間、米坂線中米沢玉川口間、長井線、左沢線、羽越本線中「府屋」吹浦間及び貨物支線、陸羽東線中「中山平」新圧間、陸羽西線、大鳥線
秋田管理部横黒線中「岩手湯田」横手間、花輪線中「兄畑」大館間、奧羽本線中「及位」陣場間及び貨物支線、生保内線、船川線、五能線中東能代岩館間、阿仁合線、羽越本線中「吹浦」秋田間、矢島線、十和田南線、鳥海線、三内川発電区土崎工機部間送電線路及びその附属の通信線路
長野管理部北陸本線中「泊」直江津間、大糸北線、小海線中「清里」小諸間、篠ノ井線中「塩尻」篠ノ井間、大糸南線、信越本線中「信濃追分」黒井間及び貨物支線、飯山線中豊野森宮野原間、上田眞田間通信線路
新津管理部上越線中「石打」宮内間、只見線、磐越西線中「徳沢」新津間、米坂線中「玉川口」坂町間、羽越本線中新津府屋間、赤谷線、信越本線中「黒井」新潟間、沼垂新潟港間及び貨物支線、飯山線中「森宮野原」越後川口間、越後線、彌彦線、千手発電区土合間送電線路及びその附属の通信線路
仙台鉄道局
福島管理部東北本線中「白河」越河間、水郡線中「磐城石川」安積永盛間、川俣線、磐越東線中「小川郷」郡山間、磐越西線中郡山徳沢間、会津線、日中線、奧羽本線中福島関根間、福浪線、奧会津線、庭坂変電区板谷変電区間送電線路及びその附属の通信線路、板谷変電区福島縣信夫郡野田村間及び関根変電区米沢市間の各送電線路
仙台管理部東北本線中「越河」-利府-前沢間及び岩切-陸前山王-品井沼間、常磐線中「平」岩沼間、仙山線中仙台面白山信号場間、仙石線、塩釜線、大船渡線、陸羽東線中小牛田中山平間、石卷線、白中線、古川線、赤井変電区宮城縣桃生郡 廣淵村間送電線路
盛岡管理部東北本線中「前沢」北高岩間、横黒線中黒沢尻岩手湯田間、釜石西線、仙人峠陸中大橋間索道、橋場線、山田線、小本線、釜石東線、花輪線中好摩兄畑間、二戸線、沼宮内西線、沼宮内東線、岩泉線、遠野線、胆江線
青森管理部東北本線中「北高岩」青森間(小湊及び青森棧橋を除く。)、八戸線、大湊線、大畑線、奧羽本線中「陣場」青森間及び貨物支線、五能線中「岩館」川部間、黒石線、下北線、十和田北線
札幌鉄道局
函館船舶管理部小湊函館間及び青森函館間の各航路並びに小湊、青森及び函館の各棧橋
函館管理部函館本線中函館-赤井川-熱郛間(函館棧橋を除く)及び軍川-渡島砂原-森間、江差線、福山線、瀬棚線、室蘭本線中長万部靜狩間、石崎線
札幌管理部函館本線中「熱郛」砂川間、美唄南美唄間、砂川上砂川間及び貨物支線、札沼線、幌内線、歌志内線、手宮線、岩内線、千歳線中苗穗植苗間、室蘭本線中「清眞布」岩見沢間、胆振線中「京極」倶知安間、万字線、札樽線、江別線、空知線、長廣線、國富線
旭川管理部函館本線中「砂川」旭川間、深名線中深川北母子里間、留萠線、根室本線中滝川新得間、富良野線、宗谷本線中旭川和寒間、石北線中新旭川上白滝間、石狩線、美瑛線、当麻線
室蘭管理部千歳線中「植苗」沼ノ端間、室蘭本線中「靜狩」清眞布間及び東宝蘭室蘭間、胆振線中伊達紋別京極間及び京極脇方間、夕張線、日高線、羊蹄線、日勝線、千栄線
釧路管理部根室本線中「新得」根室間及び貨物支線、土幌線、廣尾線、網走本線中池田「高島」間、釧網本線中東釧路川湯間、標津線、十勝線、北十勝線、南十勝線
名寄管理部深名線中「北母子里」名寄間、宗谷本線中「和寒」稚内間、北見線、興浜北線、天塩線、名寄本線中名寄上興部間、稚内大泊港間航路
北見管理部名寄本線中「上興部」遠軽間、興浜南線、渚滑線、湧網西線、石北線中「上白滝」北見間、網走本線中高島網走間及び貨物支線、相生線、湧網東線、釧網本線中「川湯」網走間

備考 「 」で表示してある停車場は、その管理部の所管区域に包含されず、当該停車場とその次の停車場との間に所管区域の分界を有するものとする。

附 則この公示は、昭和二十四年六月一日から適用する。

昭和24年6月日本国有鉄道公示第59号

日本國有鉄道公示第五十八号
 昭和二十四年五月運輸省告示第二百六号をもつて廃止された從前の昭和二十四年三月運輸省告示第百十六号(貨物割引賃率について)は、昭和二十四年六月日本國有鉄道公示第五十九号(貨物割引賃率について)とし、昭和二十四年六月一日から適用する。

昭和二十四年六月二十四日 日本國有鉄道総裁 下山 定則

昭和24年6月日本国有鉄道公示第58号

日本國有鉄道公示第五十八号
 昭和二十四年五月運輸省告示第二百六号をもつて廃止された從前の昭和二十四年三月運輸省告示第百十六号(貨物割引賃率について)は、昭和二十四年六月日本國有鉄道公示第五十九号(貨物割引賃率について)とし、昭和二十四年六月一日から適用する。

昭和二十四年六月二十四日 日本國有鉄道総裁 下山 定則

昭和24年6月日本国有鉄道公示第57号

日本國有鉄道公示第五十七号
 内地連絡運輸規則(昭和二十四年六月日本國有鉄道公示第二十九号)の一部を次のように改正する。

昭和二十四年六月二十四日 日本國有鉄道総裁 下山 定則

(改正條文省略、但し、昭和二十四年六月二十四日鉄道公報参照)

昭和24年6月日本国有鉄道公示第56号

日本國有鉄道公示 第五十六号

 内地連絡運轉規則(昭和二十四年六月日本國有鉄道公示第二十九号)の一部を次のように改正する。

昭和二十四年六月十七日 日本國有鉄道総裁 下山 定則

(改正條文省略、但し、昭和二十四年六月十七日鉄道公報参照)

昭和24年6月日本国有鉄道公示第55号

日本國有鉄道公示第五十五号
 日本國有鉄道組織規程(昭和二十四年六月日本國有鉄道公示第四十二号)の一部を次のように改正する。

昭和二十四年六月十六日 日本國有鉄道総裁 下山 定則

目次

第二章第二節中「第三款 電氣工事事務所(第三十四條-第四十一條)」を「第三款 削除(第三十四條-第四十一條)」に改める。

第二十四條中「電氣工事事務所」を削る。第二十九條第一項中「日本國有鉄道東京工事事務所 東京都」を削る。第三十一條第一項中「東京及び信濃川の工事事務所に、それぞれ次長三人を、」を「信濃川工事事務所に、次長三人を、」に改める。

第三款 電氣工事事務所」を「第三款 削除」に改める。

第三十四條から第四十一條までを次のように改める。第三十四條から第四十一條まで 削除

第九十八條第一項中「東京鉄道局新橋工事部 東京都港区」の前に「東京鉄道局東京工事部 東京都千代田区」を加える。

第百條第一項中「新橋、岐阜及び大阪の工事部に、」の上に「東京工事部に、次長三人を、」を加える。

第百四條第一項中「名古屋鉄道局名古屋電氣工事部 名古屋市」の前に「東京鉄道局東京電氣工事部 東京都豊島区」を加える。

第百六條第一項中「名古屋電氣工事部に、」の上に「東京電氣工事部に、次長三人を、」を加え、同條の次に次の二條を加える。

(出張所)

第百六條の二 電氣工事部の事務の一部を分掌させるため、出張所を置く。2 出張所の名称、位置、相当区域その他必要な事項は、別に定める。

(出張所長)

第百六條の三 出張所に、出張所長を置く。2 出張所長は、電氣工事部長の指揮監督を受け、所務を掌理する。

第百七條第一項中「電氣工事部」の下に「又はその出張所」を加える。

第百八條第二項中「電氣工事部長」の下に「又は電氣工事部出張所長」を加える。

昭和24年6月日本国有鉄道公示第54号

日本國有鉄道公示第五十四号

 内地連絡運輸規則(昭和二十四年六月日本國有鉄道公示第二十九号)の一部を次のように改正し、昭和二十四年六月十九日から施行する。

昭和二十四年六月十五日 日本國有鉄道総裁 下山 定則

(改正條文省略、但し、昭和二十四年六月十五日鉄道公報参照)

昭和24年6月日本国有鉄道公示第53号

日本國有鉄道公示第五十三号
 貨物運送規則(昭和二十四年六月日本國有鉄道公示第二号)別表危險品包裝表により、カーバイドをタンクに入れて運送する場合のタンクの規格その他を次のように定める。

昭和二十四年六月十日 日本國有鉄道総裁 下山 定則

(内容省略。但し、昭和二十四年六月十日鉄道公報参照)

昭和24年6月日本国有鉄道公示第52号

日本國有鉄道公示第五十二号
 小口混載貨物の賃率及びその取扱について(昭和二十四年六月日本國有鉄道公示第二十号)の一部を次のように改正し、昭和二十四年六月十日から施行する。

昭和二十四年六月七日 日本國有鉄道総裁 下山 定則

(内容省略。但し、昭和二十四年六月七日鉄道公報参照)

昭和24年6月日本国有鉄道公示第49号

日本國有鉄道公示第四十九号
 次の停車場における小口扱貨物の取扱は、昭和二十四年六月五日限り廃止する。

昭和二十四年六月四日 日本國有鉄道総裁 下山 定則

東海道本線 大森、入江、高島
南武線 矢向、川崎河岸
東北本線 王子
山手線 目白、惠比壽、大塚、巣鴨
常磐線 金町
総武本線 錦糸町、平井、小名木川

昭和24年6月日本国有鉄道公示第47号

日本國有鉄道公示第四十七号

 司法警察職員等指定應急措置法(昭和二十三年法律第二百三十四号)第四條の規定により、司法警察員若しくは司法巡査の職務を行う日本國有鉄道の役員又は職員に、次のようなき章をはい用せしめる。

昭和二十四年六月四日 日本國有鉄道総裁 下山 定則

(き章略図は、昭和二十二年一月十四日運輸省告示第四号と同一につき省略する。)

昭和24年6月日本国有鉄道公示第46号

日本國有鉄道公示第四十六号
 昭和二十四年六月五日から西條線に次によつて停車場を設置し、旅客に限り取扱する。

昭和二十四年六月三日 日本國有鉄道総裁 下山 定則

停車場名所在地キロ程貨物営業キロ程
二級滝(既設停車場)


二級滝郷原学校前間一キロメートル五キロメートル
郷原学校前 ( ごうはらがつこうまえ ) 廣島縣賀茂郡郷原村隱地


郷原学校前郷原間一〃五〃
郷原(既設停車場)

昭和24年6月日本国有鉄道公示第45号

日本國有鉄道公示第四十五号
 昭和二十四年六月五日から胆江線に次によつて停車場を設置し、車扱貨物に限り取り扱う。

昭和二十四年六月三日 日本國有鉄道総裁 下山 定則

停車場名
所在地キ口程貨物営業キロ程
水沢(既設停車場)


水沢陸中下河原間四キロメートル二〇キロメートル
陸中下河原 ( りくちゆうしもがわら ) 岩手縣江刺郡愛宕村下河原


陸中下河原岩谷堂間四〃二〇〃
岩谷堂(既設停車場)


岩谷堂次丸間五〃二五〃
次丸 ( つぎまる ) 岩手縣江刺郡玉里村次丸


次丸陸中玉里間二〃一〇〃
陸中玉里(既設停車場)


米里(既設停車場)


米里陸中二股間七〃三五〃
陸中二股 ( りくちゆうふたまた ) 岩手縣江刺郡米里村二股


陸中二股火石間五〃二五〃
火石(既設停車場)