昭和35年10月日本国有鉄道公示第540号

日本国有鉄道公示第540号
 昭和35年11月1日から、次の各停車場の営業範囲を右欄のように改正する。
昭和35年10月31日 日本国有鉄道総裁 十河 信二 
線名及び停車場名 現行営業範囲 改正営業範囲
東海道本線
幸田 一般運輸営業 旅客、手荷物、小荷物及び同停車場接続専用線発着車扱貨物
身延線
常永 旅客、手荷物、小荷物及び小口扱貨物 但し、集貨及び配達はしない。 旅客、手荷物及び小荷物 但し、配達はしない。
国母 旅客、手荷物、小荷物及び小口扱貨物 但し、集貨及び配達はしない。 旅客、手荷物及び小荷物 但し、配達はしない。
善光寺 旅客、手荷物、小荷物及び小口扱貨物 但し、集貨及び配達はしない。 旅客、手荷物及び小荷物 但し、配達はしない。
越美南線
大中 一般運輸営業 旅客、手荷物、小荷物及び小口扱貨物

昭和35年10月日本国有鉄道公示第538号

日本国有鉄道公示第538号
 公認小荷物扱所規程(昭和33年9月日本国有鉄道公示第328号)の一部を次のように改正し、昭和35年11月1日から施行する。
昭和35年10月29日 日本国有鉄道総裁 十河 信二
 (内容省略。但し、昭和35年10月29日鉄道公報参照)

昭和35年10月日本国有鉄道公示第537号

日本国有鉄道公示第537号
 昭和35年11月1日から、次の各停車場の営業範囲を右欄のように改正する。
昭和35年10月29日 日本国有鉄道総裁 十河 信二
線名及び停車場名
現行営業範囲
改正営業範囲
仙山線
愛子
一般運輸営業
旅客、手荷物、小荷物及び小口扱貨物
陸前白沢
一般運輸営業
旅客、手荷物、小荷物及び小口扱貨物
作並
一般運輸営業
旅客、手荷物、小荷物及び小口扱貨物
奥新川
一般運輸営業
旅客、手荷物、小荷物及び小口扱貨物 但し、集貨及び配達はしない。
磐越東線
舞木
一般運輸営業
旅客、手荷物、小荷物及び小口扱貨物
生保内線
刺巻
一般運輸営業
旅客、手荷物及び小荷物 但し、配達はしない。

昭和35年10月日本国有鉄道公示第536号

日本国有鉄道公示第536号
 昭和35年11月1日から甘木線太刀洗・甘木間に次の停車場を設置して、旅客の取扱を開始する。
昭和35年10月29日 日本国有鉄道総裁 十河 信二
停車場名
所在地
営業キロ程
太刀洗・筑前高田間
1.4 キロメートル
筑前高田(ちくぜんたかだ)
福岡県朝倉郡三輪村大字高田
筑前高田・甘木間
2.2 〃

正誤

 昭和35年10月29日本国有鉄道公示第536号(甘木線太刀洗・甘木間に筑前高田停車場を設置して、旅客の取扱を開始する件)中「(ちくぜんたかだ)」は「(ちくぜんたかた)」の報告誤り。
日本国有鉄道官報報告主任

昭和35年10月日本国有鉄道公示第535号

日本国有鉄道公示第535号
 昭和35年11月1日から信越本線亀田・新潟間に次の停車場を設置して、旅客の取扱を開始する。
昭和35年10月29日 日本国有鉄道総裁 十河 信二
停車場名
所 在 地
営 業 キ ロ 程
亀田・石山間
2.4 キロメートル
越後石山(えちごいしやま)
新潟県新潟市石山
石山・新潟間
4.1 〃

昭和35年10月日本国有鉄道公示第534号

日本国有鉄道公示第534号
 昭和35年11月1日から次の自動車線における停車場の業務取扱範囲を、右欄のように改正する。
昭和35年10月28日 日本国有鉄道総裁 十河 信二
線名
停車場名
現行業務範囲
改正業務範囲
広浜本線
中古市
旅客、到着手荷物、小荷物及び貨物
旅客
岩益本線
上宮串

昭和35年10月日本国有鉄道公示第533号

日本国有鉄道公示第533号
 昭和35年11月1日から次の自動車線における停車場名を、右欄のように改正する。
昭和35年10月28日 日本国有鉄道総裁 十河 信二
線 名
現行停車場名
改正停車場名
岩益本線
北河内
北河内支所前(きたごうちししよまえ)
椋野
下椋野(しもむくの)
南桑
南桑本町(なぐわほんまち)
御庄
御庄農協前(みしようのうきようまえ)
根笠
根笠小学校前(ねがさしようがつこうまえ)
大島本線
久賀
周防久賀(すおうくか)

昭和35年10月日本国有鉄道公示第532号

日本国有鉄道公示第532号
 国鉄自動車路線名称(昭和24年6月日本国有鉄道公示第31号)の一部を次のように改正し、昭和35年11月1日から施行する。
昭和35年10月28日 日本国有鉄道総裁 十河 信二
 岩日線の部中「岩日線」を「岩益線」に、「岩日本線」を「岩益本線」に改める。

昭和35年10月日本国有鉄道公示第531号

日本国有鉄道公示第531号
 岩日線川西・河山間の営業キロ程を次のように定め、昭和35年11月1日から施行する。
昭和35年10月28日 日本国有鉄道総裁 十河 信二
停車場名
営業キロ程
川西
川西・御庄間
3.9キロメートル
御庄
御庄・南河内間
4.7〃
南河内
南河内・北河内間
5.3〃
北河内
北河内・椋野間
3.8〃
椋野
椋野・南桑間
3.1〃
南桑
南桑・根笠間
2.7〃
根笠
根笠・河山間
4.4〃
河山

昭和35年10月日本国有鉄道公示第530号

日本国有鉄道公示第530号
 岩日線における下記の区間の2等片道普通旅客運賃を、次のように特定し、昭和35年11月1日から施行する。
昭和35年10月28日 日本国有鉄道総裁 十河 信二
大人
小児
南河内駅と南桑駅との相互間
45円
25円
北河内駅と南桑駅との相互間
25円
15円
北河内駅と根笠駅との相互間
35円
20円

昭和35年10月日本国有鉄道公示第529号

日本国有秩道公示第529号
 昭和35年11月1日から、岩徳線川西停車場から分岐して河山停車場に至る鉄道で、次の各号により運輸営業を開始する。
昭和35年10月28日 日本国有鉄道総裁 十河 信二
1 線名  がん   にち  線

2 停車場名、所在地、旅客営業キロ程及び貨物営業キロ程

停車場名
所在地
旅客営業キロ程
貨物営業キロ程
川西(既設停車場)
川西・御庄間
5.9キロ
メートル
御庄(みしよう)
山口県岩国市大字御庄
御庄・南河内間
7.0 〃
南河内(みなみごうち)
同県同市大字角
南河内・北河内間
7.9 〃
北河内(きたごうち)
同県同市大字天尾
北河内・椋野間
5.8 〃
椋野(むくの)
同県玖珂郡美川町大字南桑
椋野・南桑間
4.6 〃
南桑(なぐわ)
同県同郡同町同大字
椋南桑・根笠間
4.0 〃
根笠(ねがさ)
同県同郡同町大字根笠
根笠・河山間
6.7 〃
(川西から)83.4キロメートル
河山(かわやま)
同県同郡同町大字四馬神
3 営業範囲
 御庄 旅客
 南河内 旅客
 北河内 旅客
 椋野 旅客
 南桑 旅客
 根笠 旅客
 河山 一般運輸営業

昭和35年10月日本国有鉄道公示第528号

日本国有鉄道公示第528号
 日本国有鉄道線路名称(昭和24年6月日本国有鉄道公示第17号)の一部を次のように改正し、昭和35年11月1日から施行する。
昭和35年10月28日 日本国有鉄道総裁 十河 信二
 山陽線の部岩徳線の項の次に次の1項を加える。
 岩日線(川西河山間)

昭和35年10月日本国有鉄道公示第527号

日本国有鉄道公示第527号
 日本国有鉄道組織規程(昭和32年1月日本国有鉄道公示第1号)の一部を次のように改正し、昭和35年11月1日から施行する。
昭和35年10月28日 日本国有鉄道総裁 十河 信二
 (内容省略。但し、昭和35年10月28日鉄道公報参照)

昭和35年10月日本国有鉄道公示第526号

日本国有鉄道公示第526号
 昭和35年11月1日から川上線第二新龍橋・尾白利加ダム間等において、次の各号によつて一般乗合旅客自動車運送事業を開始する。
昭和35年10月26日 日本国有鉄道総裁 十河 信二
1 停車場及びキロ程

 

停車場名
所在地
キロ程
川上線
第二新龍橋(川上線既設停車場)
第二新龍橋・尾白利加ダム間
2キロメートル
尾白利加ダム(おしらりかダム)
北海道雨龍郡雨龍村大字尾白利加
生花苗線
生花苗(生花苗線既設停車場)
生花苗・北晩成間
5〃
北晩成(きたばんせい)
北海道広尾郡大樹町大字晩成
北晩成・晩成間
3〃
晩成(ばんせい)
同 同郡同町同大字
美瑛本線
製麻前(美瑛本線既設停車場)
製麻前・新生間
2〃
新生(しんせい)
同上川郡美瑛町大字水沢
新生・新生会館前間
1〃
新生会館前(しんせいかいかんまえ)
同 同郡同町同大字
新生会館前・清水ケ丘間
1〃
清水ケ丘(しみずがおか)
同 同郡同町同大字
清水ケ丘・春日間
1〃
春日(かすが)
同 同郡同町同大字
春日・春日台間
1〃
春日台(かすがだい)
同 同郡同町同大字
春日台・間宮間
1〃
間宮(千代田線既設停車場)
三ノ宮線
向上(三ノ宮線既設停車場)
向上・新区画間
1〃
新区画(しんくかく)
同上川郡美瑛町大字新区画
新区画・明新間
1〃
明新(めいしん)
同 同郡同町大字明治
明新・沼崎間
2〃
沼崎(ぬまざき)
同 同郡同町同大字
沼崎・明治間
2〃
明治(めいじ)
同 同郡同町同大字
明治・美進間
2〃
美進(宇莫別線既設停車場)

2 取扱範囲 前号の新設停車場においては、旅客に限り取扱をする。

昭和35年10月日本国有鉄道公示第525号

日本国有鉄道公示第525号
 国鉄自動社路線名称(昭和24年6月日本国有鉄道公示第31号)の一部を次のように改正し、昭和35年11月1日から施行する。
昭和35年10月26日 日本国有鉄道総裁 十河 信二
 石狩線の部川上線の項を次のように改める。
 川上線(雨龍尾白利加ダム間)
 南十勝線の部生花苗線の項を次のように改める。
 生花苗線(忠類晩成間)
 美瑛線の部美瑛本線の項を次のように改める。
 美瑛本線(旭川噴火口下間及製麻前間宮間)
 同線の部三ノ宮線の項を次のように改める。
 三ノ宮線(丸山新三ノ宮間及向上美進間)

昭和35年10月日本国有鉄道公示第524号

日本国有鉄道公示第524号
 昭和35年11月1日から千代田線(自動車)に次の停車場を設置し、旅客に限り取扱をする。
昭和35年10月26日 日本国有鉄道総裁 十河 信二
停車場名
所在地
キロ程
福美沢(既設停車場)
福美沢・間宮間
2キロメートル
間 宮(まみや)
北海道上川郡美瑛町大字間宮
間宮・千代田間
2〃
千代田(既設停車場)

昭和35年10月日本国有鉄道公示第523号

日本国有鉄道公示第523号
 昭和35年11月1日から関門急行線(自動車)に次の停車場を設置し、旅客に限り取扱をする。
昭和35年10月22日 日本国有鉄道総裁 十河 信二
  停車場名      所在地
キロ程
小月町(既設停車場)
小月町・長府町間       9キロメートル
長府町(ちようふまち)
山口県下関市大字豊浦村
長府町・門司大阪町間     9〃
門司大阪町(既設停車場)

昭和35年10月日本国有鉄道公示第521号

日本国有鉄道公示第521号
 周遊旅客運賃割引規程(昭和30年1月日本国有鉄道公示第20号)の一部を次のように改正し、昭和35年11月1日から施行する。
昭和35年10月21日 日本国有鉄道総裁 十河 信二
 別表第一号比叡山の項中
大津・比叡山・京都めぐり定期遊覧(浜大津・大津又は石山発浜大津・大津又は石山着)(バス・非連絡)
京阪自動車株式会社
大津・比叡山・京都めぐり定期遊覧(浜大津・大津又は石山発浜大津・大津又は石山着)(バス)
京阪自動車
株式会社
指定地接続
線中浜大津
発又は着は
非連絡
に改める。